日本でe-sportsを流行らせるためには

稚拙な文章であるが、どうか最後まで読んでほしい。

まずはこちらのツイートをご覧いただきたい。

一般社団法人 日本eスポーツ協会(JeSPA)が主催する、eスポーツの全国選手権大会、”第2回日本eスポーツ選手権大会”の予選結果である。

今最も人気のあるFPSといえるOverwatchの優勝30万円、準優勝12万円の大会で、地方ではなく大阪予選であるにもかかわらずこのような悲惨な結果になったのは、宣伝不足など様々な要因が考えられるが、一番の原因はプレイヤー不足だろう。
優勝30万円という日本では比較的賞金額が高いを開催しても、このありさまでははっきり言って大会を開いても無駄だと思う。
賞金が高いから大会に参加しようというプレイヤーはいるが、賞金が高い(大会がある)から特定のゲームを始めようとする人を一切見ないからだ。

第2回 日本eスポーツ選手権大会 | JeSPA(一般社団法人 日本eスポーツ協会)
公式サイトにてeスポーツの国内普及・発展を目指していく大会と謳い上げているが、オーバーウォッチに関していえば、既プレイでないと上級者のテクニックを見ても凄さは伝わらないし、感動もないだろう。
アマチュアの人に観戦してもらいゲームに対する熱をeスポーツの次元に引き上げようとすることには意味はあるが、そのアマチュアプレイヤーも現状少ない。
つまるところ、プレイヤーの少ない状態で大会を開いても興行として成り立たないし、普及に関してもあまり意味がない。

プレイヤーを増やすためには

自分が考えたもののなかで一番効果があると思った方法は、有名人に数万、数十万円払い、実況動画撮ってもらってyoutubeやニコニコに投稿する、というものだ。
それって現在では当たり前に行われているステマでは?と思うかもしれないが少し違う。
ゲームを売るためにするのではなくeスポーツを流行らせるためにするのだ。
(それも売れる=流行るに直結するし何が違うの?という方にも少し先で説明)

これを実行するには以下の二つの課題がある。
・動画を撮ってもらう著名人を誰にするか。
・お金の元手を支払う人。

前者についてはそれこそHIKAKINさんなどの大人気Youtuberに仕事として依頼するのが手っ取り早いと思っている。またはゲーム好きで有名な芸能人など(百万を超える謝礼が必要かもしれないが)
単発ではあまり意味がないと思うので、趣味としても続けてくれ動画を定期更新してもらえるのが望ましい。

後者に関しては、記事の頭で批判した日本eスポーツ協会がその立場になるべきではないのかと考える。esportsの普及を目的とするならば賞金総額122万円のプレイヤーが少ない大会を開くより先に、その賞金分のお金を使ってほかにできることがあるのではないかと思う。

ステマとは違うと言ったのは、ゲーム開発のBlizzardが出資するのではなく、ただ流行らせるためにその個人、団体がお金を出すからだ。お金を消費するだけでメリットはない。(日本eスポーツ協会の場合、ガレリアがスポンサーについているのでゲームソフトが売れる=ゲーミングPCが売れることから間接的な利益は出る。というかその利益を求めてガレリアがスポンサーになっているんだろう)

他の出資者にはプロeSportsチームのDetonatioN GamingとかDeToNatorとかも候補に挙がる。e-sports普及に当てるほどの利益がまだないかもしれないが、例えばクラウドファンディングで資金調達をするというのはどうだろうか。
もし真剣に取り組んでくれたら500円~1000円くらいは支援したい。

団体ではなく個人で考えるとどこかの企業の社長さんとか。
行動力のあるゲーマーが2chやTwitterで有志者を募って、とか。

この記事を見た日本eスポーツ協会のお偉い人、プロゲーミングチーム関係者、ゲームソフトのメーカーさん、ゲーム好きのお金持ちさん、行動力のあるゲーマーさんに期待する。
最後に

この記事を書きたいと思った理由は、参加1チームで優勝という日本のesportsの現状を確認したのと、単純にゲームが好きだからだ。
日本で、e-sportsの本場といえるPCだけでなく、スマホの登場でCS機も衰退していっているこの状況は一人のゲーマーとしてただただ悲しい。
本当に流行らせたいと思っているならば、メーカーや日本eスポーツ協会のような団体だけでなく既存のプレイヤーがゲームの面白さを新規プレイヤーに伝えることも必要である。
esportsが流行り色んな人と観戦、プレイができる日が来ることを願う。

最後に

思っていることをただ書いただけなので読みにくかったかもしれませんが、最後までよんでくださりありがとうございました。

同意の考え、反対意見、他思ったこと何でもコメントしてほしいです。

【この記事をシェアする】

スポンサーリンク

コメントを残す(Twitterなら返信時通知あり)